ダイエット点滴とは

ダイエット点滴とはなんだろうか。そもそも点滴というものは、なんらかの原因で栄養の摂取が出来ない人が栄養剤などを直接血管に入れるものである。よく風邪をひいたときなどは病院で点滴を受けると症状が良くなってしまうもので、直接血管に入れるからもう効くったらこの上ない。また、病人が受けるというイメージから、寝た状態で受けるものと想像してしまう。したがって、点滴でダイエットが出来るのであれば、それこそ寝たままダイエットが出来るので画期的ではないか。とりあえずここまで思いを馳せた。
ダイエット点滴とは点滴剤に脂肪を燃焼させる効果のあるものや脂肪の蓄積を抑えるものを含め、それを直接血管に流し込むことで、患者の体重を減らそうというものである。脂肪の燃焼を促進するものは、エネルギーの消化を早め、体内の予備バッテリーである脂肪を燃焼させるというものである。
ダイエット点滴のメリットは、もちろん、クリニックにさえ行けば寝ながら痩せられる、寝てるうちに痩せやすくなっている、ということもそうだが、やはりリスクが低いことだろう。脂肪燃焼効果のある物質とは、たいていは体内で生成されるアミノ酸の一種であり、アレルギーとは無関係である。安心して行えるのが最大のメリットではなかろうか。