花粉症とボトックス

花粉症に悩む方というのは非常に多い。生まれつきであったり子供の頃に発症したりもするが、もちろん大人になってからという方も多い。なので毎年その時期になると、杉伐採原理主義者が大量に誕生している。しかし、そんな方々に朗報(?)である。なんとボトックスが花粉症に効くというのである。
ボトックスとは筋肉を委縮させる効果があると共に、神経伝達の動きを阻害するものであるということは既報の通りである。では、今度はどの神経伝達をブロックしてくれるのかというと、鼻の粘膜にある副交感神経である。これをマヒさせることで、花粉症の一番の症状と言っても良い鼻水を抑制することができるのだ。
今までの花粉症対策というものは一長一短であった。飲み薬は眠くなるなどの副作用があり、仕事を抱える方は躊躇われた。マスクは一定の効果しかないし、限度もある。ならばと鼻の粘膜を焼き切る手術も出てきたが、あまりに大掛かりにすぎる。
しかしボトックスはその中でもバランスの取れた良い手法だろう。良い点は、まず痛みが無いことだ。ボトックス注射でなくボトックスと言っている時点で察した方もいるかもしれないが、注射ではなく点鼻である。
また、点鼻したその日から効果が実感でき、副作用もないことから、とりあえずもう大掛かりな手術などはもう必要ないだろう。